重要な調査|土壌汚染調査で土地の売買も安心

  1. ホーム
  2. 家を建て替える

家を建て替える

工事現場

安心して住める家にする

家が古くなれば見た目がみすぼらしくなってしまうだけでなく、家が本来有している様々な機能が低下してしまいます。断熱性能が低下すれば冷暖房費が余分にかかってしまうようになりますし、耐震性能が低下すれば地震発生時に家が倒壊してしまう恐れが出てきます。家が新しいうちは簡単なリフォーム工事で対応することができますが、家が古くなってしまうとリフォーム工事では完全に対応しきれなくなってしまいます。無理にリフォーム工事を実施しても費用が無駄にかさんでしまうだけになるため、建て替えという選択をする人が少なくありません。古い家を取り壊して、最新技術を取り入れた高性能住宅を建てれば、それまでよりもずっと快適に暮らせるようになります。ただし、安心して住める家にしたいと考えているなら、古い家を取り壊して更地になったところで地盤調査を実施することをお勧めします。昔は地盤の強度など考慮せずに家を建てる人がたくさんいました。これまでは運よく地震被害に遭わずに済んでいたかもしれませんが、この先も大丈夫だという保証はありません。安心感が欲しいなら、新しい家を建てる前に地盤調査を実施しておくのが望ましいです。

地盤改良工事

地盤調査を実施した結果、軟弱地盤であることが判明する場合があります。地盤調査費用がかかったのに、さらに地盤改良工事の費用もかかってしまうのかとガッカリする人が少なくありませんが、家族の命には代えられません。少なくとも、地盤改良工事を済ませれば、ちょっと家が揺れたくらいでビクビクする必要がなくなります。いずれにしろ、地盤調査を実施しないことには地盤改良工事の必要性を判断することができません。ですから、費用を惜しんだりせずに地盤調査を実施するのが得策です。地盤改良工事にはいくつかの手法があり、どの方法を採用するかによってかかる費用が大きく変わってくることになります。予算の問題もありますが、業者とよく相談をして、最善の選択をするようにしたいものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加