重要な調査|土壌汚染調査で土地の売買も安心

  1. ホーム
  2. 地震への対策

地震への対策

工事

液状化現象の原因

近年の大規模災害においては、液状化現象が取り上げられることが多くあります。液状化現象とは、砂が堆積した地盤で水分を含んでいるようなところに、強い振動が加わることで発生するもので、砂の結合が崩れて、土地がまるで液体のようになる現象のことを言います。砂と言っても、もともとは強度の強い地盤なのですが、地震によって水圧が大きくなることで液状になるのです。基礎をしっかりと打った住宅であっても、地盤そのものが液体になってしまいますので、傾いたり沈んだりします。また、中が空洞になっている水道管などは逆に浮いてしまう恐れもあります。その結果、地震によって液状化現象が起きた場所は、住宅が傾いたり地面が隆起するなど大きな被害が発生します。

液状化への対策

液状化対策を行うためには、土地の性状を十分にチェックして、その土地に適した液状化対策を行うことが重要になります。主な対策としては4つの工法があります。1つ目は、砂状の地質を固化させることで液状化現象が起きる原因を取り除きます。2つ目は、緩い地盤を締め固めるために、地中に穴を掘って砂を詰めることで地盤を横方向に圧縮する方法です。3つ目は、止水壁をうちこんでその中の地下水を排出することで液状化の原因をなくします。4つ目は、地中に格子状の壁をつくることで揺れを減らします。液状化対策はその原因を取り除くことが重要です。既に建物がある場合の液状化対策は、コンクリート杭を増やすなど建物側での対策が必要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加