重要な調査|土壌汚染調査で土地の売買も安心

  1. ホーム
  2. 正確な地盤調査をする方法

正確な地盤調査をする方法

作業者

調査する前の2つの注意点

建物を建てる時に必ず行うのが地盤調査です。個人の住宅でも行いますが、公共の建築物や工場など規模の大きい地盤調査では平板載荷試験が実施されます。平板載荷試験では2メートル程度の範囲を整地して、水平に載荷板を置きます。その上に重機などの重さのある載荷装置を乗せて地盤の強度を測定するのです。平板載荷試験では試験を行っている時に地盤の状態が変化しないようにすることが大切です。途中で地盤が変化すると正確な地盤調査ができなくなります。そのためには地面をあらかじめ養生します。また載荷板を水平にしないと、傾いた方向へ力が集中してしまいます。これによって地盤の支持力特性を性格に調査することができなくなります。大規模な地盤調査ではこの2点に気をつける必要があります。

経験と実績のある専門会社

平板載荷試験は大きな建築物を建てる場合に行われます。その他にも大規模な宅地開発を行う時や、道路を作るときにも平板載荷試験で地盤調査を行います。この試験を行わないと車の走行中に道路が沈み込んだり、陥没する恐れがあるからです。戸建て住宅で平板載荷試験をやる場合は、範囲が狭いので地盤の支持特性を調査するために測定されます。つまり戸建て住宅を支えるだけの強度があるかどうかだけを調べるのです。そのため大型建築物や道路建設などとは違って、規模の小さな平板載荷試験になります。色々な地質調査が専門の会社がありますが、経験と実績のある会社に依頼した方が安心感があります。特に調査した地盤のサンプリングを行う専門会社は特殊な技術力があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加