重要な調査|土壌汚染調査で土地の売買も安心

工事現場

家を建て替える

古い家を取り壊して新しい家に建て替える場合は、更地になった段階で地盤調査を実施するようにした方がよいです。昔は現在ほど地盤の強度が重視されていませんでしたから、軟弱地盤のままになっている可能性があります。安心して住める家にしたいのなら、費用はかかっても地盤調査を行うべきです。

作業者

正確な地盤調査をする方法

家を建てる前には地盤調査を行いますが、公共施設や道路建設では平板載荷試験が行われます。これは整地した場所に載荷板を置いて、その上に重機など重さのある装置を置いて地盤の強度や支持特性を測定します。調査中に地盤が変化しないように養生し、載荷板を水平に置くことが大事です。実績の多い専門会社に依頼します。

資産価値の低下を防ぐ

作業員

汚染がないことを証明

土地を売買するときには、資産としての価値を証明しなくてはいけません。無価値な土地を売買したところで、デメリットしかないためしっかりと証明する必要があります。土地の資産価値証明で忘れてはいけないのが、土壌汚染についてです。汚染された土壌は環境や生物にとって悪影響なため資産としての価値が低下してしまいます。売買することが難しいため、土壌汚染問題を解決する必要があるのです。土壌汚染調査を行うと、汚染がないことを証明する手立てになります。信頼できる業者に土壌汚染調査を依頼することで、土地の売買に役立てることができるのです。土地の売買を円滑に進めるためにも、土地の土壌汚染を調べて資産としての価値を証明しましょう。

信頼を保てる

土地の売買は信頼のもとに成り立っているといっても過言ではありません。信頼できない相手とは売買契約を交わすことは難しいといえます。相手に信頼してもらうためには誠実である必要があります。土壌汚染調査での土地の資産価値の証明も信頼を築くことに重要な役割を持っています。土地の売買では土壌汚染が原因のトラブルが少なくありません。売買契約を交わした後に土地の汚染が発覚してしまうと、契約が取り消されたり損害賠償が必要となったりなど、良いことは一つもありません。トラブルにならないためにも、土壌汚染調査によって土地に問題がないと証明する必要があるのです。信頼を保つことで初めて土地の売買を成功させることができます。

工事

地震への対策

液状化対策を講じるためには、その土地の性状をよく把握することが大切です。液状化現象は砂状の土地で地下水を含んでいる場合に、強い地震の揺れが加わって発生します。液状化対策をするためには、それらの原因を取り除くことが大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加